本文へスキップ

あさひ鍼灸院です。

不妊鍼灸についてfacilities

   

心身のバランスを整える

不妊症の原因はいくつもあり、また原因不明の場合もあります。

『身体に良いことをしたいけど、何をしたら良いか分からない』、『いつになったら妊娠できるのか・・』など、とても不安になると思います。

東洋医学では『心と身体は繋がっている』という哲学が根本にあり、身体を良くしていくことが精神的にも安定することになり、気持ちをリラックスさせることで身体の緊張もほぐれていきます。

当院では、西洋医学的な検査項目も参考にいたしますが、一番の目的は「その人のお体と心の状態を整えること」にあります。それが妊娠へと導いていきます。

『基礎体温を整えたい』、『卵子の質を高めたい』、『子宮内膜を厚くしたい』などをご希望の不妊症でお悩みの方、不妊治療で心身ともに疲れてしまった方、ぜひ一度ご相談ください。

不妊症の鍼灸治療の効果

体外受精の前後に鍼灸治療を受けると、妊娠率が大幅に向上

体外受精の前後に、女性の体をリラックスさせるハリ治療をすると、妊娠率が大幅に向上するという研究結果を、ドイツと中国の研究チームがまとめた。

米生殖医療学会誌に掲載された報告によると、同チームは、体外受精を受ける女性百六十人を二グループに分け、一方には体外受精の際、受精卵を子宮に戻す前後にハリ治療を実施。残りのグループには、ハリ治療をせず通常の体外受精を行った。

その結果、ハリ治療グループの妊娠率は42.5%に上がり、通常治療の26.3%を大幅に上回った。

体外受精の妊娠率は、高くても三割程度とされ、繰り返し治療をうけるカップルの精神的、金銭的な負担が問題になっている。

妊娠率が向上する詳しい理由は分からないが、同学会のサンドラ・カーソン次期会長は、「確実に検証されれば、妊娠率向上に役立つ手法になる可能性がある」と注目している。


『2002年(平成14年)4月30日 夕刊 読売新聞より』



体外受精を5回以上行っても妊娠できなかった女性に鍼灸治療したところ4割が妊娠

体外受精を5回以上行っても妊娠できなかった不妊症の女性114人にハリ治療を行ったところ、約4割にあたる49人が妊娠に至ったと、名古屋の明生鍼灸院と明治鍼灸大の研究グループが10日、大阪市内で開かれている日本生殖医学会で報告した。

49人のうち4人は自然妊娠だったほか、30人は治療後1回目の体外受精で妊娠に成功したという。

不妊治療の専門家が集まる学会で、針治療による効果を示すデータが発表されるのは珍しい。

報告された114人治療実績は、1998年2月〜2006年6月に、同治療院を訪ねた不妊患者のうち体外受精を5回以上行っても妊娠しなかった女性のもので、治療は週1〜2回のペースで行われ、腹部や足などにある婦人科疾患に効果があるとされるツボを針で刺激した。

     

『2006年(平成18年)11月10日 夕刊 読売新聞より』